現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「謝るとき」に使えるフレーズ編

「謝るとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、自分が誰かに謝りたい時に使えるフレーズを集めました。悪いことをしてしまった時にきちんと他人に謝ることができるようにしておくべきですよね。簡単な言葉だけでも覚えておけると良いですが、場合に応じて謝り度合いをきちんと見極めて、使えるフレーズを増やしておくことも大切です。今回の章も頑張って取り組んでいきましょう。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

Oops, sorry!

あっ、ごめん!

*”Oops”は「おっと」という感じです。軽いミスをした時、例えば何かものを倒してしまった時に、このフレーズが使えます。カジュアルな表現ですが、”I’m sorry”とすれば、ビジネスシーンでも十分使用することができます。

*謝罪の気持ちを強める場合には、強調の副詞 “very”や”so”、”really”、”terribly”などを加えると良いでしょう。

My bad.

ごめん。

*軽いミスをした時に、親しい相手に使います。

It’s my fault.

私のせいです。

Excuse me, but may I interrupt?

すみません、ちょっといいですか?

*他の人と話している相手に用事がある時などに使います。

I’m sorry to be late.

遅れてごめんなさい。

I’m terribly sorry.

本当に申し訳ございません。

*”terribly”や”so”は”very”や”really”よりも感情が伝わります。

Please accept my deepest apologies.

どうかお許しください。

*かなりかしこまった表現です。

I’m sorry for causing so much trouble.

ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

*言葉を尽くしていて丁寧です。

I apologize for what I did to you.

あなたにしたことを謝ります。

*”apologize”を使った表現は、フォーマルでもよく使われ、かなり丁寧な言い回しになります。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です