現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「返事に困ったとき」に使えるフレーズ編

「返事に困ったとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、相手に対しての返事に困ってしまった時に使えるフレーズを集めました。基本的には、自分がわからないと思った時に、わかったふりをしてしまわないようにしましょう。相手も自分がわかった体で話を進めてきます。なので、わからないことが一つでもあったら自分から聞き直す、もしくは相手に自分が追いついてきているのかの質問をされた時にしっかりわかっていないことを伝えましょう。その方が相手からの印象も良くなります。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

What should I say?

なんというべきなんだろう。

*返事に困ったときは、曖昧に返事をしてしまうのではなく、率直さや、明確さを重視して「英語のコミュニケーションとは」を意識して、はっきりと自分の思っていることや、意思を伝えるようにしましょう。

*例えば、相手の意図がわからないのであれば、「わからない」とはっきりと伝えることが重要です。これは、英語を話す上では決して失礼な行為には当たりません。相手が一方的にペラペラと一人で喋って、まくしたてたりしたら、手短に相手の話したい要点はなんなのかを聞き出すようにすると良いでしょう。また、その場で答えられない時には、「その後はどうするのか」を具体的に伝えるようにしましょう。

Which means…?

それはつまり・・・?

*言い方によってニュアンスを変えることができます。例えば柔らかめにいうのであれば、相手も答えやすくなります。ツッコミ調のように少し強くいうのであれば、攻撃的になってしまうので注意しましょう。

Sorry, I don’t get it.

ごめん、ちょっと何言ってるのかわからない。

I don’t know what to say.

なんて言えばいいのかわかりません。

So, what’s your point?

それであなたの言いたいことは?

*このフレーズよりも短い表現で。”So what?”(だから何?)でもOKなのですが、この表現だと相手をよりドキッとさせてしまいます。

I’m sorry, I’m not sure now.

ごめん、今のところわからない。

I’ll see if it’s possible.

それが可能なのかどうか確かめてみるね。

*相手の要求に対して困った場合に便利な表現です。

I’ll check and get back to you.

確認して折り返しますね。

*このようにできるだけ「行動の具体性」を示すことができるように心がけましょう。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です