現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「謙遜したいとき」に使えるフレーズ編

「謙遜したいとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、謙遜して一歩引きたい時に使えるフレーズを集めました。日本では謙遜はとてもいいことで、むしろ逆に謙遜しないと生意気だなと思われてしまうこともあると思います。英語圏では、生意気だとは思われませんが、謙遜することでまだまだ自分には可能性がありますということを示すことができます。なので、謙遜したい時に使えるフレーズが瞬時に出てくるように覚えていきましょう。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

Thank you, but not really.

ありがとうございます、でもそんなことないですよ。

*謙遜は先ほども言ったように日本人にとっては馴染み深いものですが、日本に限ったことではありません。英語圏いも謙遜の文化は存在します。ここでは、褒められた時に使える謙遜の表現を紹介していきます。

*謙遜も行き過ぎると、逆に相手の好意を否定することになりかねません。日本語を話す時の感覚で「いやいや、そんなこと全然ないです」と全否定することだけは避けられると良いでしょう。まずは、相手の好意に対し”Thank you”と謝意を示した上での謙遜ありきと考えておいてください。

↓↓↓英語を少しでも話したいという方におすすめ!!↓↓↓

I’m still learning.

まだまだです。

*今後の意欲が感じられるフレーズです。

I still have a long way to go.

まだまだです。

It’s not a big deal.

大したことじゃないですよ。

*嫌味にも聞こえるので上の2つのフレーズと併用しましょう。

I’m not as good as you think.

あなたが思っているほど上手くないですよ。

You’re just being polite!

それ、お世辞じゃない?

Without your advice, I couldn’t have done this.

あなたのアドバイスがなければ、これは成し遂げられていませんでしたよ。

Thanks to you, I managed to keep the deadline.

あなたのおかげで、なんとか締め切りに間に合いました。

*”manage to -“は「なんとか〜する」という意味になります。

That’s very nice of you.

優しいですね。

*「褒めてくれるなんて優しいですね」というニュアンスでこのフレーズを使うことができます。

That means a lot to me.

すごく嬉しいですね。

*”mean”は「意味を持つ」という意味のある動詞で、”That means a lot to me.”というのは、直訳すると、「あなたのいうことが私にとって大きな意味を持ちます」となります。

I’m flattered.

お世辞でも嬉しいですよ。

*”flatter”は「お世辞をいう」という他動詞ですが、”be flattered”はあるいは”feel flattered”で、「誰かが褒めてくれたり、自分を重要に思ってくれたことに対して嬉しかったり誇らしかったりする」という意味になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 実質0円で留学可能!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・満足度98%
・月間相談件数1,000件以上

夢カナ留学では一人ひとりの予算や留学の目的に合わせて、オーダーメイドで留学・ワーホリプランを作ります。
海外留学やワーキングホリデーには多くの費用がかかります。
余計な費用がかけず、夢や目標を叶えるために最適な留学・ワーホリプランをご提案します。

▼詳細はこちら
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3NALD9+FAPZCI+4Q46+5YZ77
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です