現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「聞き直すとき」に使えるフレーズ編

「聞き直すとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、相手の質問や要求、様々な場面で、聞き直したいときに使えるフレーズを集めました。相手の言っていることが聞き取れず、わかったふりをして、最終的に問題が生じてしまうことが実は一番の問題になったりします。あのときわかってなかったんだっったら聞いてよ、みたいな感じです。一度は経験したことありますよね。自分がそちら側にならないように、分からない、聞き取れなかったときはきちんと聴けるように、フレーズを覚えておきましょう。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

Could you say that again?

もう一度言ってもらえますか?

*学校でよく習う聞き直しのフレーズ”Pardon?”ですが、このフレーズを何度も使うと、相手の気分を悪くしてしまう恐れがあります。理由は、「ただ言い直す」行為のみを求めているからなんです。なので、上記の”Could you say that again?”のように、具体的に伝えましょう。

*相手に聞き直したいと思った場合、一つ目として「きちんと言い直す」ことを求める、二つ目として「相手の真意を尋ねる」ことが重要になります。今回は、そんなフレーズをまとめましたので、是非学んで行ってください。

Sorry, what did you say?

ごめん、なんて言ったの?

Could you speak more slowly?

もう少しゆっくり話してもらえますか?

*相手の英語が早口で聞き取れない時に使いましょう。

I’m sorry, but I couldn’t catch that.

すみません。あんまり聞こえませんでした。

*内容が難しくて頭に入らないときに使いましょう。

Be straight with me.

単刀直入に言って。

That doesn’t make any sense to me.

私には全く理解できません。

*”make sense”で「理にかなう」という意味ですが、それを否定的で使っています。

Could you please repeat that?

もう一度言っていただけますか?

What do you mean by that?

それって、どう意味?

*直訳としては、「それによって何が言いたいのですか」ですが、英語ではそんなにキツくは聞こえないので、多用されます。

What was that?

なんですか?

*意味がわからない時に聞き返すというよりも、聞こえなかった時に聞き返す際に使いましょう。

I’m sorry?

なんですか?

*謝る時に使うフレーズですが、相手の言ったことを聞き返す時にも普通に使えるフレーズです。イントネーションを上げるのを忘れないようにしましょう。

Do you mind repeating what you just said?

今言ったことをもう一度行っていただけませんか?

Come again?

もう一回言って。

*インフォーマルな表現、とてもカジュアルな日常英語なので、友達や家族などの親しい仲の人に使いましょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です