現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「緊張を伝えるとき」に使えるフレーズ編

「緊張を伝えるとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、緊張を伝える時に使えそうなフレーズを集めました。人間誰しも緊張する機会ってたくさんありますよね。それこそ、海外に留学していると思わぬところで緊張してしまうことがたくさんあります。自分もいろいろなシチュエーションで緊張を覚えましたが、その時に素直に私は緊張していますということを伝えられると印象がいいと思います。なので、今回の章のフレーズをきちんと覚えておけると良いでしょう。

I think I’m nervous.

私、緊張してるかも。

*「ナーバスになる」は、皆さんも聞き覚えのあるようにもう日本語になった表現ですよね。”I think I’m nervous.” で、「ナーバスかも?」というソフトなニュアンスになります。”nervous”は、”I’m excited”というプラスの緊張ではなく、マイナスの緊張の状態を表す表現です。

*しかし、”in a good way”をつければ、”I’m nervous in a good way.”(いい意味で緊張している)、”but no worries” をつければ「緊張はしているけど心配はしていない」という意味になります。これでプラスのイメージを加えることができます。本番を迎えるアスリートはこんな心境かもしれません。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

My hands are sweating like crazy.

手汗、すごいんだけど。

*”like crazy”は、「馬鹿みたいに」というニュアンスで、よく会話で使います。覚えておけると良いでしょう。

My heart is racing.

心臓がバクバクしています。

I went blank.

頭の中が真っ白になりました。

I have butterflies in my stomach.

緊張しています。

*この文を直訳すると「胃の中に蝶々がいます」というようになりますが、落ち着かない様子を表したい時にこの表現を使うことで、緊張していることを表現することができます。

I’m anxious about the next exam.

次の試験が心配です。

*”about”の後に心配の対象となる名詞をおくことができます。

I’m stressing out.

ストレスを感じています。

I’m tense.

ハラハラするぐらい心配です。

*”tense”は”tension”「ピンと張った緊張状態」の形容詞で、強い不安を表します。

I got jitters.

緊張しています。

*この表現は”anxious”と似ていて、心配から緊張しすぎてそわそわと落ち着かない状態を表すフレーズです。

I can feel my heart beating.

心臓がバクバクしてきた。(緊張してきた。)

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です