現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「確認するとき」に使えるフレーズ編

「確認するとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、相手がどれくらい理解できているのか、相手の思っていることが本当にそうなのかを確認したい時に使えるフレーズをまとめました。自分は理解していると思って進めいていた内容が、実は相手は全然理解できていなくて、説明し直したりしなければいけなくなった、という経験ありますよね。そうなると結局二度手間になってしまって時間の無駄になってしまうなんてこともありえます。そんなことが起きないように、今回出てくるフレーズを覚えていきましょう。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

Is that clear?

わかった?

*会話をうまく進めていく上で、自分は「何がわかっていないのか」を伝えることも大切ですが、お互いの認識を確認して話を整理することも大切です。案外、自分でわかったつもりになっていても、相手が理解していないことが多々あるからです。なので、「相手の発言を確認すること」と「自分の発言を相手が理解していること」は意識できると良いでしょう。

*特に、相手の発言を確認したいときは、”Are you saying …?”や”Correct me if I’m wrong. Do you mean …?”など、「…」のところで「自分の言葉を使って具体的に」相手の発言や意図を尋ねることができるようにしましょう。

Are you saying you need my help?

私の手助けが必要ということですか?

Do you mean you don’t agree?

賛成ではないということですか?

*”mean”の後に、主語+動詞 をおくことができます。That が省略されているイメージです。

Could you clarify what you just said?

今言ったことを明確化してくれませんか?

Does that make everything clear?

それで全て理解できましたか?

Let’s see if there’s anything left.

何か残っていないか確認しよう。

*会議などの最後場面で、全体的な確認のフレーズとして使いましょう。

Let’s look at them one by one.

それらを一つずつ見ていきましょう。

*話し合いの初めに使うと効果的に使えるでしょう。

Can I repeat that back to you?

f復唱してもよろしいですか?

Do you understand what I’m saying?

わたしの言っている意味が分かりますか?

*直訳すると少し上から目線のように聞こえますが、普通に相手の理解度を確認したい時に使えます。

Does that make sense?

わかった?

*この英語表現は、相手の理解度確認に」加えて、自分の言っていることが正しいかどうかを確認する時にも使うことができます。ネイティブはこの表現を日常会話や仕事でよく使うので、しっかりと覚えておきましょう。

Are you with me so far?

ついてきてる?

*直訳すると「あなたは私と一緒にいる?」になります。つまり、相手が自分の話についてきているかどうかを確認する英語表現になります。長い説明の間にこのフレーズを入れることが多いです。

Do you know what I mean?

わかる?

*このフレーズもネイティブがよく使う表現です。相手の理解度を聞く時に使うこともできますが、共感を得たい時に使うこともできます。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です