現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「相手の話を広げるとき」に使えるフレーズ編

「相手の話を広げるとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、相手の話を広げてあげたい時に使える英語フレーズを集めました。

↓↓↓英語を少しでも話したいという方におすすめ!!↓↓↓

Tell me more about that.

それについてもっと詳しく聞かせて。

*相手の話を広げるには、いかに相手をノッて話せるかということが重要になってきます。相手の話に興味を持っているということを最大限にアピールしましょう。要所要所で感想を挟んだり、共感を示したりして、うまい「合いの手」ができるかどうか、それもとても重要なポイントになってくるでしょう。

*黙って話を聞くことがもちろん避けるべきですが、日本語感覚で”Yes, yes.”というような相槌を繰り返し過ぎると相手を小馬鹿にしているようにも聞こえてしまうことがあります。ここでは、話を広げる相槌のバリエーションを学んでいきましょう。

And then what?

それで、それで。

*”Go on”(続けて)というようにいうこともできるでしょう。

Did you really?

本当にそうしたんですか?

What happened next?

それでその後どうなったんですか?

I want to know more about that.

気になりますね〜。

*「それについてもっと知りたい」と関心を相手に示すことができるフレーズです。

Oh, really? I didn’t know that.

えっ、本当ですか?知りませんでした。

Wasn’t that tough?

それって大変じゃなかったんですか?

Could you tell me in more detail?

もっと詳しく教えていただけますか?

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です