現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「理由を尋ねるとき」に使えるフレーズ編

「理由を尋ねるとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、誰かに対して理由を尋ねたい時に使えるフレーズを集めました。どうしてそのチョイスをしたの!?って聞きたくなることってありますよね。そんな時にもいろいろな角度から英語を使って尋ねることができます。それらのバリュエーションを増やすためにも今回の章できちんとフレーズを落とし込んでいきましょう。

↓↓↓英語を少しでも話せるようになりたい方に是非!↓↓↓

How come you did it?

どうしてそんなことしたの?

*”How come”は理由を尋ねる言葉で、”Why”よりもずっとカジュアルな表現になるフレーズです。”How come?”(なぜ?)と単体で使うこともできます。

*もともとは”How did it come about that 主語+動詞?”、つまり「that以下のことは、いかにして起こったのか?」という表現でしたが、これが口語的に省略されるようになり、”How come 主語+動詞?”という形になりました。”How come”の後ろは肯定文と同じ並びになるので、”Why”よりも使いやすいかもしれないですね。

↓↓↓英語を少しでも話せるようになりたい方に是非!↓↓↓

What for?

なんで?

*文字通りで、「なんのために?、なぜ?」というカジュアルに理由を聞きたい時に使える表現です。

Why did you think so?

どうしてそう考えたのですか?

Is there any reason?

何か理由がありますか?

May I ask why?

なぜなのか聞いてもよろしいでしょうか?

*相手に許可を求める形で、ソフト感がとてもアップする表現になります。

How come you know that?

どうしてそんなこと知ってるの?

What do you think is the cause?

原因はなんだと思いますか?

*”do you think”は省略することができます。

What made you do so?

なぜそんなことをしたのですか?

Can you tell me why?

どうしてなのか教えてくれますか?

*”Is there any reason?”よりもさらに丁寧な英語表現になります。このような表現は子供が何か悪いことをしてしまって叱る時によく耳にすることができます。

Can you explain?

説明してもらえる?

*こちらも”Can you tell me why?”と同じくらい丁寧な表現になります。ただ、こちらは先ほどとは違って子供にはあまり使わないでしょう。上司が部下に理由を尋ねたい時に使われることが多い表現です。

↓↓↓英語を少しでも話せるようになりたい方に是非!↓↓↓

【GABA】マンツーマン英会話

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です