現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「焦るとき」に使えるフレーズ編

「焦るとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、焦っている状態を表したい時に使えそうなフレーズを集めました。焦っているということはとっさに表現が出てくるといいですよね。なので、今回のフレーズを頭に入れるだけではなく、自分なりに理解した上で、きちんと日常生活で使えるようにできると良いでしょう。どんな勉強においても復習は大切です。復習も忘れないように、サボらないようにできるといいですね。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

Oops, I messed up!

やっちゃった!

*”Oops!”とは、日本語の「おっと!」「あらま!」に相当する間投詞です。”Oh, no!” “Oh, my god!”といってもOKです。”mess”は考えや状態を「乱す」ことを意味し、”I messed up”で「やらかしてしまった」感じを表すことができます。

*「焦る」とは平常心を失った状態です。不安やイライラ、怒りや後悔、さまざまな感情を、抑揚のあるイントネーションやジェスチャーを使って表現してみましょう。

I made a mistake.

間違えました。

I screwed up!

盛大にやらかしてしまった!

*大きなヘマをした時に使える表現です。

I freak out.

パニクってます。

*”freak out”「興奮する、パニックになる」

I go blank.

頭が真っ白です。

*”blank”は日本語でいうと「空白」のことです。

I felt like killing myself.

死ぬかと思いました。

I’m feeling rushed.

焦ってます。

I’m desperate.

やばいです。

*”desperate”は「必死な」という意味です。

I was upset!

私は焦りました。

*”upset”は、「気を転倒させる」「心配させる」「動揺する」という意味です。「焦ってイラついている」時に使われる英語の表現です。

I’m so frustrated.

本当に焦ったよ。

I feel frustrated that my tasks are stacked up.

やることが山積みで、焦りを感じる。

*”be frustrated”は、「失望する」や「苛立つ」という意味です。日本語でも「フラストレーションが溜まった〜」のように言いますよね。「うまくいかなくてもどかしくて、だんだんと心の余裕がなくなってきた焦っている」という気持ちを表現することができます。

I was panicked.

焦った。

I got panicked to see a strange man in the house.

知らない人が室内にいて焦った。

*”panic”は「うろたえる」という意味になります。日本でも、「パニックになる」と言いますよね。”panic”は、焦ってあたふたうろたえてる時にぴったりの英語の表現です。”get panicked”の形で使われることが多く、「パニックの状態になる」という意味になります。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です