現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「引き止めるとき」に使えるフレーズ編

「引き止めるとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、相手をどうにかして引き止めたい!という時に使える表現を集めました。相手の行動に対して自分的には相手にその選択肢をとって欲しくないなって思うことって結構あるように思います。ここ最近でも、本当にそれでいいの?ととも友達に思って言ったくらい案外頻繁に起こり得る状況だと思います。なので、今回のフレーズたちを覚えておくことは大切かもしれませんね。

スタディサプリENGLISH 新日常英会話コース

Are you sure about that?

それで本当にいいの?

*”sure”は「確信している」という意味です。相手に再考を求めたり、引き留めたりしたい場合に、このフレーズがぴったりきます。”sure”の代わりに、”Are you positive?”を使っても良いでしょう。この場合には「自身あるの?」「大丈夫?」というニュアンスだ含まれます。

*”Are you sure?、”Are you positive?”はいずれも人を引き止めるときだけでなく、「本当に?」「それであってるの?」と確認の意味もあり、使い勝手の良いフレーズです。

↓↓↓英語を少しでも話したいという方におすすめ!!↓↓↓

Hold on!

ちょっと待ってください!

*電話を保留するときだけでなく、相手を引き留める時にも使うことができるので、覚えておきましょう。

Think twice!

よく考えてください!

*”twice”(二度、二回)、つまり再考を促す表現になります。

Are you really happy with it?

本当にそれでいいですか?

*”it”の代わりに”this”でも”that”でも使えます。

Are you leaving so soon?

もうおかえりですか?

*社交辞令の意味合いもありますが、相手を引き留めたい時にも使います。

Let me get this straight.

ちょっと整理させてください。

*「これをまっすぐにさせてください」=「整理させてください」という意味になります。

Please give me one chance.

もう一度チャンスをください。

I’d like you to reconsider.

ご再考をお願い致します。

*ビジネスの相手に使うことができます。

Don’t leave me alone.

1人にしないで。

*”leave me alone”は「私を1人にして置いていく」という意味になり、”Don’t”を付け加えることで、「1人にしないで」というニュアンスになります。

Stay with me.

1人にしないで。

*直訳すると「私のそばにいて」という意味になりますが、つまりは「1人にしないで」とか「行かないで」というニュアンスでも使うことができるんです。

You should stay a little longer.

もう少しいてよ。

*「もうすこしいたほうがいいよ」と相手にアドバイスをするニュアンスで、遠回しに「もうしこしいて。行かないで。」と引き留める気持ちを伝えられる言い方です。

U-NEXT

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です