現役アメリカ留学生が教える、日常英会話:「例えるとき」に使えるフレーズ編

「例えるとき」に使えるフレーズ編

英会話フレーズまとめました。

今回は、物事を何かに例える時、例えたい時に使えるフレーズを集めました。日常の中で物事を何かに例えることってよくありますよね。相手に説明したい時や、単純に会話の中で例えることもありますよね。そんな時にスマートに言えるように、今回の章も頑張って覚えていきましょう。

↓↓↓英語を少しでも話せるようになりたい方に是非!↓↓↓

It’s like a dream!

夢のようだ!

*”like”は皆さんご存知のとおり、「好む」という動詞でもありますが、「〜のようだ、似ている」という前置詞になることもできます。とても簡単に使える便利な言葉なのでぜひ使えるようにしましょう。前置詞”like”には相性の良い動詞が存在します。”look like”で「〜のように見える」、”feel like”で「〜のように感じる」、”sound like”で「〜のように聞こえる」といった具合です。

*また、”like”には、接続詞で「まるであたかも〜のようだ」という意味もあります。この場合には、後ろは【主語+動詞】という形にしましょう。”It’s like it was before.”で「まるで昔のようだ」という意味になります。

↓↓↓英語を少しでも話せるようになりたい方に是非!↓↓↓

You two look like twins.

2人は双子みたいだね。

*”like”の前に”almost”(ほとんど)や”just”(ちょうど)を入れた表現もよく聞きます。

I feel like I’m in heaven.

まるで天国にいるようです。

It seems as if your wife is treating you like a kid.

君、奥さんに子供扱いされてるね。

*直訳をすると「君の奥さんは、あたかも君が子供のように扱っているようだね。」となり、転じて「君、奥さんに子供扱いされてるね。」といったニュアンスになります。”as if”で「〜の如く」という意味になります。

He treats me as though I were an angel.

彼って、まるで私を天使のように扱うの。

*”as though”は”as if”と同じ意味の熟語なので覚えておきましょう。仮定法過去形で表すのが普通です。

Life is often compared to a voyage.

人生はしばしば航海に例えられます。

It’s raining cats and dogs.

土砂降りです。

*もし猫や犬が降ってきたら怖いどころの話ではないですが、怖いぐらい激しく降っているという、面白い表現です。

He is as cool as a cucumber.

彼、クールでかっこいいの。

*”cucumber”は「きゅうり」という意味です。「冷たいきゅうりと同じくらいクールでかっこいい」というわけです。

I valued intangible assets such as good will.

私は、好意といった形のないものを大切にしている。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です